ハゲの予防に関する情報サイト。ハゲを予防して克服する方法を徹底解説。

黒くて硬い毛が薄くなる原因とは?

一般的に髪の毛が細い人がハゲやすいと言われていますが、実は黒くて硬い毛も薄くなることがあります。通常、硬い毛の人はハゲないかわりに白髪になりやすいと言われていますが、本当はどうなのでしょうか?

 

あと、驚きの事実なんですが、サルの一部を除いて、人間以外の動物にハゲがいません。なんともうらやまし話ですね!動物はそのかわりに季節の変動に応じて、毛が抜け変わるのです。私も犬を飼っていましたが、春先、秋など季節の変わり目に毛がものすごく抜けて、毎日のブラシが大変でした。

 

話がそれましたが、それでは、まず人間の髪の毛の事を良く知りましょう。

 

まず、人の毛は、3種類に分けれます。

 

1、うぶ毛(赤ちゃん、乳児)

 

2、軟毛(学童期)

 

3、硬毛(成人)

 

年齢が加わるにつれ、うぶ毛→軟毛→硬毛へと変っていきます。
また、硬毛は成人に近づけばメラニン色素が増えて、鮮やかな硬毛となっていきます。

 

 

しかし、思春期を過ぎ、30代から40代、50代になると、硬毛は何度も抜け変っていくうちに硬毛から軟毛へと変り、ハゲに近づくと、うぶ毛に逆戻りするのです。

 

ちなみに、硬毛は成長を終えた状態の毛で、別名『終毛』とも呼ばれますが、脇毛や陰毛も、この終毛となります。

 

普通、毛髪は50歳を過ぎる頃になると、体や頭皮の衰えとともにだんだん軟毛が増えます。さらにうぶ毛が増えて頭皮が見える薄毛になっていく現象で、いわゆる老人性ハゲです。このハゲにも予防はできるのですが、問題なのは、最近、20代、30代でハゲる現象の方が多いのです。

 

いずれにしても、毛根が残って、きちっとケアすれば、髪の毛は再生できるので安心して下さい。

 


もうここまで読んで「もう話しはいいから早く知りたい!!」
という人はこちらからどうぞ!

 

 

 





黒くて硬い毛が薄くなる原因とは?関連ページ

白髪とハゲの関係
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
白髪は抜いた方がいい?
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
白髪染めについて
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。