ハゲの予防に関する情報サイト。ハゲを予防して克服する方法を徹底解説。

白髪とハゲの関係

白髪の人はハゲにくいと言われますが、白髪にも、遺伝性のものと非遺伝性のものがあります。遺伝性の場合、白髪になっても、色素が問題ですので、髪の弱さなどにも関係なく、髪そのもの質は健康ですので、ハゲに変る事はありません。

 

しかし、非遺伝性の場合だと、ハゲの予防にもちょっと気をつけなければいけません。
こちらのタイプは頭皮の血の流れの滞りなどが原因だからです。

 

ここで注意しないといけないのは、非遺伝性の方が白髪を目立たなくしたいので、白髪染めをすることです。安易に白髪染めをすると、髪の毛をますます弱くします。

 

問題は皮脂なのです。頭皮の血流が悪い状態で皮脂の少ない人が白髪染めをすると、頭皮に悪い影響が出るからです。皮脂は通常の人なら、髪を洗って2時間くらい経てば元に戻りますが、皮脂が少なすぎると髪の毛にとってはよくありません。

 

美容室でも普通の毛染めの場合は洗髪しますが、白髪染めの場合は、洗髪によって皮脂を洗い流してしまうと困るので洗髪はしません。しかし、悪い美容室はカット料金を多く取るために白髪染めの後にシャンプーをする所もあるようですが・・・

 

毛染めをする場合は、たっぷりと皮脂があった方がいいのです。皮脂が多ければ、毛染め液が頭皮についてもはじきますが、皮脂が少ない場合は、頭皮をじかに染めて、頭皮や毛根にもよくありません。

 

なので、結論をいうと、ハゲを予防するには白髪は染めない方がいいということです。

 

さらに、肝臓が弱っているときに毛染めをすると、頭皮がかぶれることがあるので注意しましょう。

 


もうここまで読んで「もう話しはいいから早く知りたい!!」
という人はこちらからどうぞ!

 





白髪とハゲの関係関連ページ

黒くて硬い毛が薄くなる原因とは?
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
白髪は抜いた方がいい?
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
白髪染めについて
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。