ハゲの予防に関する情報サイト。ハゲを予防して克服する方法を徹底解説。

正しいドライヤーの使い方

髪を洗ったら後は濡れたままで自然乾燥する方、ドライヤーで乾かす方髪をがおられますがどちらが髪にいいのでしょうか?

 

答えは、ドライヤーで乾かすほうが髪にはいいのです。

 

頭皮には元々、常在菌を誰もがもっていますが、髪が濡れたままだと、細菌の数を増やす原因となります。特に菌が繁殖しやすい梅雨の時期などはドライヤーを使って余分な水分は素早く取り除くように早めに乾かしましょう。
ドライヤーの熱風は長時間使うと髪を傷めやすいので送風モードがいいでしょう。

 

また、ドライヤーを使えば、指やくしを使い髪の毛がピンと伸びて、寝癖もつきにくくなります。ドライヤーにもいろんな種類のが出ていて、マイナスイオンが出るドライヤーなども出ていますが、これらもは髪の為にもいいでしょう。

 

さて、ここで気をつけなければいけないことは、髪を洗ったあとは、タオルで水気をふき取りますが、タオルでゴシゴシとふいてはいけません。あまり力を入れすぎると頭皮を傷つけることになりますので、タオルに手のひらをあて、軽く回しながらふいていきましょう。

 

ドライヤーをかける時は、頭皮に風が直接あたらないようにしてください。
頭皮に風があたると、せっかくの皮脂が飛んで髪がパサつく原因になります。

 

それと、長時間のドライヤ-は髪の水分が飛びすぎて、潤い分がなくなるので注意しましょう。ちなみに、育毛剤を使う場合は、シャンプー後の早い時期にドライヤーで乾かした後に使うのが効果的でしょう。

 


もうここまで読んで「もう話しはいいから早く知りたい!!」
という人はこちらからどうぞ!

 





正しいドライヤーの使い方関連ページ

正しいシャンプーの選び方
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
パーマが直接ハゲにつながる理由
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
正しいシャンプーのやりかた
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。