ハゲの予防に関する情報サイト。ハゲを予防して克服する方法を徹底解説。

パーマが直接ハゲにつながる理由

『パンチパーマをかけるとハゲになる』と昔から言われていますが、これはとんでもない誤解です。パンチパーマに限らず、パーマはハゲになるような弱った髪の毛の人にパーマをかけるので、髪の毛がもっと弱くなってしまうのです。

 

昔はパーマをかけるときに髪の毛のテンション(髪を引っ張る力)が強いので、パンチパーマなど、クルクル何本も巻くことでハゲの原因となっていたのですが、今のパーマ技術では,そこまでテンションがかからないようにしています。また,弱いテンションでもしっかりとパーマがかかるように改良も進んでいるので大丈夫です。

 

しかし、いくらファッションとはいえ、年に何度もパーマをかけると、髪の毛(枝毛の原因や髪の毛が細くなる)や頭皮にも負担がかかるため、ハゲの予防のためにも、パーマのかけ過ぎには注意しましょう。また、女性などは、どうして結婚式やパーティなどに出る場合で、髪の毛もおしゃれな髪型をしたい場合は、無理にパーマをかけずにウイッグなどを活用するといいでしょう。

 

あと、女性に多いのですが、ストレートパーマや縮毛矯正のパーマ液は通常のパーマ液の約5倍もの強力な毒性をもつと言うことなので注意しましょう。

 

余談ですが、最近、子供でパーマをかけている子を見かけるようになりましたが、実は子供の髪の毛は未熟です。成人の体と同じで、子供の場合、毛髪組織がしっかりと育っていないので、すぐにパーマがとれてしまう傾向にあります。大人と同じ毛髪組織になるのは、だいたい15歳ぐらいです。この年齢くらいからパーマをするようにしましょう。

 


もうここまで読んで「もう話しはいいから早く知りたい!!」
という人はこちらからどうぞ!

 





パーマが直接ハゲにつながる理由関連ページ

正しいシャンプーの選び方
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
正しいドライヤーの使い方
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
正しいシャンプーのやりかた
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。