ハゲの予防に関する情報サイト。ハゲを予防して克服する方法を徹底解説。

ハゲの予防にアルコール対策

ハゲ,はげ,ハゲ予防,対策,予防,若ハゲ,はげ対策

お酒の飲みすぎはよくないといわれますが、仕事や友だちなど、どうしてもお酒のある席に行かなくてはならないこともありますね。

 

アルコールを摂取することはぜんぜん問題ではないのですが、アルコールを摂取し過ぎると薄毛の原因になりやすいと言う事を認識しておかなければなりません。

 

アルコールは適度な量を心がけることが大切です。適度なお酒なら、アルコールは立派な血管の拡張剤。血液循環を促進し、毛髪の成長を助ける役目も果たしていると言えます。では、お酒を飲みすぎると、なぜ、ハゲに繋がっていくのでしょうか。

 

それはアルコールを摂取し過ぎると内蔵に大きな負担がかかります。

 

具体的には、アルコールを分解させるには、肝臓が働くことになります。そしてこの時に必要とされるのが、ハゲの予防にも必要なアミノ酸、メチオニンやシステインといった成分であることです。

 

アミノ酸は、毛髪を作る大事な成分であり、このアミノ酸がアルコールを分解させるのに多く必要なために、髪の成長成分になるはずのアミノ酸が、肝臓の方に多く回されてしまって、髪に栄養が回らなくなり、結果ハゲになりやすくなるのです。

 

あと、気を付けないといけないのが、ハゲの予防に限らず、アルコールは依存性の高い飲みのものです。毎日、自分で量を決めて飲めればいいのですが、ついつい夜遅くまで、飲んでしまう事です。

 

これが、習慣になると、予防どころか、アルコール依存症となります。昔から、酒は飲んでも、飲まれるな!という言葉があるように、ハゲの予防のためにもアルコールの摂取は、食事が美味しくなり、会話が弾みいいのですが、何事も程々がいいでしょう。

 


もうここまで読んで「もう話しはいいから早く知りたい!!」
という人はこちらからどうぞ!