ハゲの予防に関するサイト。ハゲを予防して克服する方法を徹底解説。

ハゲとはどうゆう状態?

ハゲの症状には、いろんな種類があります。
原因や特徴もさまざまですが、自分がハゲかどうかを診断するため、またハゲを
予防するにも、ある程度、基準を知っておかなければなりません。

 

例えば、一般的な、AGA(男性型脱毛症)の場合、AGAの診断基準は「薄毛部分に20%軟毛化」があれば、AGAと診断されます。これは国際基準なので、世界中の医者がそれを基準に診断されています。

 

また、クリニックなどで診察してもらうより、自分で診断する簡単なチェック方法として下記項目があります。

 

このなかで、8つ以上の該当があれば、ハゲになりやすい環境と言えるので、まずは、生活環境から変えていくようにしましょう!

 

1、生え際から薄毛が進行してきた。
2、頂頭部が薄くなり始めた。
3、シャンプーやブラシ、クシでとかしたときなどに、抜け毛が目立つようになった。
4、仕事などで常にストレスを感じてる
5、外に出る事が多く、頭皮に紫外線をあびる機会が多い
6、額の生え際、頂頭部の両方とも、薄毛が目立つようになった。
7、家族、親戚にハゲの方がいる。
8、最近、枕に抜け毛が落ちているのが気になる。
9、髪に、今までよりコシ、ハリがなくなってきた。
10、運動不足で太り気味
11、若い頃から、薄毛が進行しているのが確認できる。
12、1日1箱以上のタバコを吸う
13、毎日髪を洗わない

 

 

ちなみに、推計で日本人の男性の薄毛率が、26%と言われています。 
人数にして1,293万人にもなるので、成人男性の4人に1人が薄毛と判断されていますが
これはどうゆう基準でハゲとするのか、基準が明確でないため、あまり気にしないほうがいいでしょう。

 


もうここまで読んで「もう話しはいいから早く知りたい!!」
という人はこちらからどうぞ!

 





ハゲとはどうゆう状態?関連ページ

髪以外に表れる危険信号
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
毛髪に関するQ&A
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。
抜け毛が多くなる季節は?
抜け毛、薄毛が気になる方、フサフサ頭にになるハゲ予防の新常識を教えます。育毛剤、シャンプーで効果が出ない方は必ず、はげ予防講座だけは見ておいてください。